新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、手指の消毒等のため、消防法に定める危険物の第四類アルコール類に該当する消毒用アルコールを使用する機会が増えています。
 消毒用アルコールは火気により引火しやすく、また、消毒用アルコールから発生する可燃性蒸気は空気より重く低所に滞留しやすいため、取り扱う場合には十分な注意が必要です。

 

消毒用アルコールの取り扱いについて

 消毒用アルコールには危険物に該当するものがあり、取り扱いを誤ると、火災等を引き起こすおそれがあります。
 ここでは、消毒用アルコールの安全な使い方をご紹介します。
 なお、ウォッカ等のアルコール濃度の高い酒類を使用して消毒する場合でも同様の危険性があります。 

★ 火気の近くでは使用しないようにしましょう 
 手指消毒の際に使用する消毒用アルコールは、蒸発しやすく、可燃性蒸気となるため、火源があると引火するおそれがあります。
 消毒用アルコールを使用する付近では、喫煙やコンロ等を使用した調理など火気の使用はやめましょう。  

★ 詰替えを行う場所では換気を行いましょう 
 消毒用アルコールの詰替えを行うときに可燃性蒸気が発生するおそれがあり、この可燃性蒸気は空気より重く、低所に滞留しやすい性質があります。
 消毒用アルコールの詰替えを行う場所は、通風性の良い場所や常時換気が行える場所を選び、可燃性蒸気を滞留させないようにしましょう。 

★ 直射日光が当たる場所に保管することはやめましょう 
 消毒用アルコールを直射日光の当たる場所に保管すると、熱せられることで、可燃性蒸気が発生します。
 保管場所は、直射日光が当たる場所を避けましょう。  

★ 消毒用アルコールの炎に注意しましょう
  アルコール類の炎は見えにくく、その炎で火災や火傷を負う事故も発生していますので、消毒用アルコールを使用する付近では火気の使用はやめましょう。

 

消毒用アルコールを貯蔵・取り扱う場合の消防署への届出、申請について

 危険物に該当する消毒用アルコールを貯蔵・取り扱う場合、消防法 または火災予防条例により、その数量に応じて消防署へ申請または届出が必要となります。 (消防法上、消毒用アルコールの濃度が60%以上(重量%)のものに限る。)
 危険物に該当する消毒用アルコールは、消防法では、第四類・ アルコール類に分類されます。

★ 消毒用アルコール(第四類・アルコール類)の貯蔵・取り扱う数量によって、消防法令または火災予防条例で定めている技術上の基準を満たし、火災予防上の安全対策を講じる必要があります。

★ 消毒用アルコール(第四類・アルコール類)を貯蔵・取り扱う場合、消防法または火災予防条例の手続きを整理したものが下の表です。

貯蔵・取り扱う量 届出・申請の有無
80L未満 届出・申請の必要はありません。
80L以上400L未満

届け出が必要です。

400L以上 申請が必要です。

 

 

 

 

手続き関係について、ご不明な点がございましたら、 お近くの消防署へお問合せください。