通電火災にご注意ください

 

 通電火災って何?

   通電火災とは、地震や台風等の自然災害の影響により停電し、その後、電力が復旧して通電した際に発生する火災です。

   停電前に使用していた電化製品が可燃物と接触したり、電気配線が損傷していると、電力が復旧し通電した際に火災になる恐れがあります。

 

 

   このような火災は、避難時など住人が不在の時に発生するケースが多く、発見が遅れ、延焼拡大してしまう可能性があります

 

 通電火災を防ぐには

   停電発生時

    1 電化製品のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜いてください。

    2 自宅から離れる際はブレーカーを落としてください。

   通電再開時

    1 給電が再開されたら、浸水などにより電化製品が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないか

     など十分に安全を確認してから電化製品を使用してください。

    2 建物や電化製品等に外見上損傷がなくても、壁内の配線の損傷や電化製品内部の故障により、再通電後、長時間経過した後、火災に至る

     場合があるため、煙の発生などの異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡してください。

 

 

 さいごに

   通電火災の対策として

    1 使用しない電化製品の電源プラグは抜いておいたり、電化製品の周りは整理整頓をする。

    2 設定値以上の揺れを感知した時に電気を自動的に止める感震ブレーカーを設置する。

   というように、日頃からの習慣と備えが大事になります。

    災害時の被害を減らすために、ご家庭でも災害対策をお願いいたします。