(美 浜 町 章)     (シンボルマーク)

 美浜町は、北緯35°­36­´′・ 東経135°­57′に位置し、琵琶湖陥没地帯から続く破砕帯に属する山地が

総面積(152.32k平方メートル)の84%余を占め、滋賀県境に接する標高900m程度の山岳地帯からは

ほぼ南北に耳川、太田川(いずれも二級河川)金瀬川が、また敦賀半島の中央三嶺からほぼ東西に

越地、馬背、落合の砂防河川が流れているが、いずれも急流である。また、集水面積が小さいため水量も少ない。

日本での美浜町の位置

 一方、屈曲の多い急斜面の山麓と海岸線に囲まれた河川流域に僅かの耕地が開けている。 

  産業は、農林水産業が主体をなしているが、近時観光開発が進み、都市形態を帯び、第2次、第3次産業など

複雑な業態を構成している。

  地区数35、人口約12,000人、交通はJR小浜線並びに国道27号線が中心部を横断し、産業経済の動脈となっている。

 

『美浜町章』は、町名「ミハマ」をカナで表現し、本町の豊かな海岸線を図案化したものです。構図は円からなり、

美浜町の円満な将来への発展を意味しています。

 

 『シンボルマーク』は、「愛される美浜」をイメージに、美浜町の「M]・「ハート」・「海」をベースに、発展という希望を込めて

図案化したものです。メインカラーは空の「青」で、「オレンジ」と「グリーン」をサブカラーとしています。

 

 ○町の木  「松」  ○町の花 「つつじ」