大声をあげて近所に知らせて119番

  1. 周囲に知らせる
    • 必ず大声で周囲に知らせる
    • ひとりで行動しないで、できるだけ多くの人に助けてもらう。
  2. 119番通報する
    • 安全なところから落ちついて119番通報する



火が小さいうちに落ち着いて初期消火を

 

日頃から避難するときの心がけを

人命を守るのが最優先です。
危険だと思ったら、大きな声で周りに知らせながら、まず、避難。
煙には一酸化炭素など有毒ガスが含まれています。煙を多量に吸い込むと、中毒死することもあります。

熱せられた煙は上へ移動しますので、姿勢を低くして、口と鼻にタオルなどをあてて避難しましょう。
避難経路は一方向だけでは炎・煙で避難できなくなる恐れがあるので、日頃から2つの方向の避難経路を

確認しておきましょう。

ポイント

  • 二つ以上の避難できる経路を常に考えておく。
  • 煙は室内等の上部の方から充満するので、煙があるときはハンカチなどで口や鼻を覆い、姿勢を
    低くして避難する。
  • 避難はおとしより、身体の不自由な方、子どもを優先的に。
  • エレベーターは電気が不通になった場合、閉じ込められる可能性があるので使用しない。
  • いったん避難したらドアを閉め、絶対に戻らない。
  • デパート等の商業施設で火事になった場合は、店内の避難放送や誘導員の誘導に従って、落ち着いて
    行動する。


 

火災を大きくしないためには、できるだけ早く消火することが大切です。
万一のために消火器を備えておき、いつでも使えるところに置いておきましょう。

 

消火器の使い方

1.安全ピンに指をかけ、上に引き抜く。

2.ホースをはずして火元に向ける。

3.レバーを強く握って噴射する。




 

消火器のかまえ方


●屋外で使用する場合、風上から消火する。
●低い姿勢で熱や炎を避けるようにして、徐々に近づく。
●炎や煙にまどわされずに火元にノズルを向け、火元を掃くように左右に振り消火する。


 

天ぷら油火災の消火

  • 消火器で消火する。
  • 大きめのなべぶたを手前から滑らせてふたをして消す。
  • 軽く絞った大きめのシーツなどで、手前から炎を押すようにして覆って消す。

   *絶対に水はかけないこと。

   *ガスの栓を止める。