ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です
印刷 - 消火器の悪質訪問点検にご注意

消火器の悪質訪問点検にご注意

消火器の悪質訪問点検とは

 主に県外の消火器業者が、会社、工場、スーパーマーケットなど、消火器の設置本数が多い建物をねらって、

巧妙な手口により消火器の点検や薬剤の詰替えを行い、脅迫的な態度で高額な費用を請求されるトラブルをいいます。

 

悪質点検業者の手口は?


  • 消火器をたくさん設置している建物をねらってきます。
  • 日頃出入りしている契約業者を巧妙に装います。
    • 訪問前に電話をかけてきて信用させる。
    • 本社等からの依頼のように装うなど・・・・・・
  • 点検の承諾をあいまいにすると、素早く消火器を集めはじめます。
  • 点検の内容を説明せず、一見合法的な契約書に署名・押印を求めてきます。
  •  最後に、脅迫的な態度で高額な点検費用を請求します。
    「支払わないと裁判にするぞ」「支払うまで消火器を預かるぞ」などと脅す。

以上のような、悪質な手口で被害が多発しています。

このようなトラブルに巻き込まれないために、次のことに注意してください。

 

トラブル防止のポイント

  • 身分証明書の提示を求める。
  • 対応は、点検の担当者にさせ、担当者が不在のときや連絡の取れないときは後日にしてもらう。
  • サインや押印は、担当者が内容を確認してから行う。
  • もしも、気づかずにサインや点検の承諾をしてしまっても、
    • 請求金額の値引きを求めると、「契約を認めた」形になるので絶対に言わない。
    • 料金をその場で支払ったり、あとから支払うなどの約束をしない。
    • 業者のまぎらわしい表現等を理由に、契約の無効を主張する。

 

   印刷 - 消火器の悪質訪問点検にご注意  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる