小児・乳児の心肺蘇生法及びAED

1 声かけをして意識の確認をしよう。

「大丈夫?分かる??」

    

 ※足の裏を刺激し、反応を確認しよう。


  2 大きな声で助けを呼ぼう。

 「誰か、来て下さい。」

     


  3 駆けつけてくれた人に、「119番通報」と「AED」を持ってくるようお願いする。

「そこのあなた、119番通報をして下さい。」

「AEDを持って来て下さい。」

     


  4 呼吸の確認

 ※胸とお腹に注目して、10秒以内に呼吸をしているか確認する。

 ※あいまいな場合は「なし」と判断して下さい。

     


  5 心臓マッサージ

 (1) 乳児

       

  ※乳児の乳頭を結ぶ線に人差し指を

  置き、人差し指を抜いた『中指と薬指』

  で胸の厚み1/3を圧迫

    

 (2)小児

 ※圧迫部位は『胸の真ん中』を、胸の厚み1/3を圧迫

 ※圧迫は、『強く』  『速く』  『絶え間なく』  『押した分しっかり戻すことを意識して』

    

  ※片手または両手、どちらでもよい。


   6 人工呼吸 

 ※人工呼吸に抵抗があれば行わなくてよい。その場合、心臓マッサージのみ続ける。

  


  7 心臓マッサージと人工呼吸

  ※30:2を繰り返し行う

 

============================================================================================================== 

 8  AEDが到着したら、まず『電源』

   「電源ボタンがあるタイプ」 や

 「フタを開ければ電源が入るタイプ」 があります。 


 9 電源を入れると音声が流れるので、

  その指示に従って、パッド(絵が描いてあるシール)を胸に張って下さい

   

 ※乳児の場合、図のように張りつけることが多いです。

 ※張るときも心臓マッサージは続けて下さい。 

 ※胸が濡れていたら、タオル等で水分を拭き取って下さい。

 ※胸に貼ってあるものがあれば、全て剥がして下さい。 


 10 「心電図を解析中です。離れて下さい。」

  等のメッセージが流れたら誰も触っていない状態にして下さい。

   


 11 「ショックが必要です。充電中です。」

   等のメッセージの後、光るボタンを押すと電気が流れます。

  

 ※必ず誰も触っていないことを確認してから、ボタンを押そう。 


  12 その後もAEDの音声に従い、心臓マッサージを行うなどしましょう。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 ※ もっと詳しく学ぶため、近くの消防署で救急講習を受講しましょう。

    ちなみに、当組合は【無料】です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆