海や河川、プール等での事故を防ごう

海や河川、プール等での「おぼれる」事故は、命の危険につながる可能性が非常に高いです。

事故防止のため、以下のことに注意しましょう。

 

  1. 子どもと一緒の場合は、子どもから目を離さず、

  保護者や大人が必ず付き添って遊びましょう。

  2. 子どもが泳いでいる時は、監視員がいる場所でも

  油断せず注意をしましょう。

   3. 飲酒しての遊泳は、大変危険ですので止めましょう。

   4. 海や河川では、気象状況に注意し、遊びを中断したり

  延期することも大切です。

   5. 海や河川では、ライフジャケットの着用するなど、事故防止に努めましょう。

 

 

 


 

  海の生物による事故

  アンドンクラゲ

 

 

 

 1.最初に海水で洗い流す。

 2.刺胞が見える時は、ピンセット又はゴム手袋等で取り除く。

 3.受傷部位を氷のう等で冷やし、傷病者の保温と安静に努める。

 4.もし意識状態が悪化し、呼吸がなくなったら心肺蘇生法を行う。

  オニダルマオコゼ

 

 

 

 1.傷口を洗浄し、棘があれば慎重に抜く。

 2.40~45℃のお湯に30~60分くらいつける。(痛みが緩和)

 3.その後、医療機関へ受診させる。

ミノカサゴ

 

 

 

 1.傷口を洗浄し、棘があれば慎重に抜く。

 2.40~45℃のお湯に30~60分くらいつける。(痛みが緩和)

 3.その後、医療機関へ受診させる。

  ゴンスイ

 

 

 

 

 1.傷口から毒をしぼり出し、40~45℃のお湯に浸ける。(痛みが緩和)

 2.その後、医療機関へ受診させる。

ガンガゼ

 

 

 

 

 1.棘は折れ易く体内に多数残されやすいので、医療機関で取り出してもらうほうが無難。

 2.受傷部位40~45℃のお湯に浸けると痛みは和らぐ。

ヒョウモンダコ

 

 

 

 1.咬まれたら毒をしぼり出す。(決して口で吸い出したりしないこと。)

 2.受傷部位をきつく縛る。

 3.ただちに医療機関へ搬送する。

 4.呼吸停止や心停止に陥った場合には、心肺蘇生法を実施する。

 

その他の応急処置

  

 

 

 【症状と病態】

 釣り針やクギなどが刺さった時に一番心配されるのは、刺さったものが汚染されていることです。傷口は小さくても内部に菌が入り込み、化膿したり感染症を起こす場合もあります。
 破傷風菌に感染するのは刺し傷が多く、命にも関わりかねませんので、応急処置後には必ず医師の診察を受け、適切な処置を受ける必要があります。

 クギは比較的簡単に抜くことができますが、釣り針には釣った魚が外れないように「返し」があるので、引っ張っても抜けません。無理に抜こうとすると損傷を広げることが考えられますので、深めに刺さっていたらそのままの状態で受診しましょう。

 刺さったものが抜けている場合でも、体内に一部が残っているのは危険ですので、抜けたクギや釣り針は捨てずに受診時に持参して、医師に見せます。

 

 

 【応急処置】

(1)クギは、刺さっている方向をよく見て、ペンチなどでまっすぐ一気に引き抜く。釣り針は、  皮膚の表面に近いところに刺さっているならば、針先を皮膚の外に押し出すようにし、「返し」の部分をペンチなどで潰すか切断してから抜き取る。
※深く刺さっているならば、抜かずにそのまま外科を受診します。

(2)抜いた後の傷口から血を絞り出す。

(3)消毒して絆創膏などでガードする。