乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

 乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、それまでの健康状態及び既往症から、その死亡が予測できず、死亡状態調査や解剖検査によってもその原因が同定されない、原則として1歳未満の児に突然の死をもたらした症候群をいいます。

 

 

 ※平成28年度には109名の赤ちゃんが、乳幼児突然死症候群と診断され亡くなっており、乳児期の死亡原因としては、死因第3位となっています。

 ※予防方法は確立していませんが、以下の3つのポイントを守ることにより、その発症率が低くなるというデータがあります。

 

 (1)1歳になるまでは、あおむけに寝かせましょう。 

 乳幼児突然死症候群は、うつぶせ、あおむけのどちらでも発症しますが、寝かせる時にうつぶせに寝かせた時の方が、発生率が高いという調査結果が出ています。

 医学的理由でうつぶせ寝を勧められている場合以外は、赤ちゃんの顔が見えるあおむけに寝かせましょう。

   

 (2)できるだけ母乳で育てましょう。 

 母乳育児が赤ちゃんにとっていろいろな点で良いことはよく知られています。母乳で育てられている赤ちゃんの方が、乳幼児突然死症候群の発生率が低いという調査結果が出ています。

   

 (3)保護者等のたばこをやめましょう。 

 たばこは、乳幼児突然死症候群発生の大きな危険因子です。妊娠中の喫煙はおなかの赤ちゃんの体重が増えにくくなりますし、呼吸中枢にも明らかによくない影響を及ぼします。妊婦自身の喫煙はもちろんのこと、妊婦や赤ちゃんのそばでの喫煙はやめましょう。これは身近な人の理解も大切ですので、日頃から喫煙者に協力を求めましょう。

乳幼児突然死症候群(リーフレット).pdf [830KB pdfファイル]