[改正について]

京都府福知山市の花火大会で発生した事故の再発を防止し、適切な防火管理体制を徹底するため、敦賀美方消防組合火災予防条例の一部を改正しました。

祭礼、縁日、花火大会、展示会など多数の集客が見込まれる行事などで、対象火気器具等を取り扱う露店等を開設する場合、消火器の準備とあらかじめ管轄の消防署へ届出が必要となります。

また、露店の数が100店舗を超える催しについては、催しを主催する者に対して、防火担当者を定め、火災予防上必要な業務に関する計画書を提出することが義務付けられました。

[露店の届出について]

  届出が必要かは以下のフローチャートで確認しましょう。

 

祭礼、縁日、花火大会、展示会その他多数の集客が見込まれる催しに際して、対象火気器具等を使用する露店等を開設する予定がある。

   
       ⇓ はい

社会的な広がりのあるもの。

●納涼祭、縁日、花火大会等多数の人が参加するもの。

 

いいえ

個人的なつながりだけなもの。

●近親者によるバーベキューや保育園のもちつきなどは届出義務はありません。

       ⇓ はい    
 

管轄消防署へ届出が必要です

下記の「露店等の開設届出から開設までの手順」に従い実施してください。

※消火器は、対象火気器具を設置する露店等に対し、原則各1本ずつ準備が必要です。消火器の規格は、ABC粉末4型以上のものを準備してください。

 

[Q&A]

Q1 届出は誰が行うの?

A1「露店等を開設しようとする者」に義務があります。

ただし、一つの催しに複数の対象火気器具等を使用する露店等が開設される場合は、個々の露店主がそれぞれ個別に管轄の消防署に対して届出を行うのではなく、当該催しの主催者、施設の管理者、露店等の開設を統括する者等が取りまとめて管轄の消防署へ届出をしてください。

Q2 露店等とはどのようなものですか?

A2 祭礼又は各種団体等が主催する催し物において、露店、屋台店その他これらに類する店を開設し、物品等を販売又は提供するものをいいます。

Q3 対象火気器具等はどのようなものですか。

A3 液体燃料(ガソリン等)、気体燃料(プロパンガス等)、固体燃料又は電気を熱源とし、火を使用する器具又はその使用に際し、火災の発生する恐れのある器具をいいます。具体的には、コンロ、フライヤー、たこ焼き器、グリドルや発電機などが該当します。

Q4 届出の様式はどこでもらえるの?

A4 最寄りの消防署又は敦賀美方消防組合ホームページの「申請書ダウンロード」でダウンロードできます。露店の開設届出書.doc [33KB docファイル] ※2部提出してください。

[露店等の開設届出から開設までの手順]

   

(1)露店等の開設届の作成

露店等の開設場所と消火器の設置場所に係る略図等を添付 2部作成

(2)管轄の消防署へ届出

※あらかじめ届出が必要です。(催しを行う日の3日前までに)

提出のあった届出の1部に受付処理をし、「注意事項文章」を添えて返却します。

(3)開設者は注意事項文章を活用し、 露店開設の際の遵守事項をクリアしているか確認する。

 

[屋外催しにおける防火管理について]

屋外での催しのうち「主催する者が出店を認める露店、屋台その他これらに類するものの数が100店舗を超える規模の催しとして計画されている催し」で消防署長が指定する催しについては、当該催しを主催する者は、防火担当者を定め、火災予防上必要な業務に関する計画を作成させるとともに、当該計画に従って火災予防上必要な業務を行わせなければなりません。

また、原則として当該催しを開催する日の14日前までに当該計画を消防機関へ提出しなければなりません。

火災予防上必要な業務に関する計画書.doc [35KB docファイル] 

催しやイベント等で露店が多数出展される場合は、事前に最寄りの消防署へご相談ください。

※この場合、火気を取り扱わない露店や屋台も含みますのでご注意ください。

 

 

お問合せ  消防本部予防課  ☎(0770)23-9988

 露店等の開設届は、管轄する各消防署へ届出てください。

 敦賀消防署  23-9992

  美浜消防署  32-1190

  三方消防署  45-0119